リソー教育の指導方針

リソー教育「TOMAS]は、部活・習い事の両立「余裕合格派主義」を謳っています。

いいですねえ。余裕で合格できると。

また、リソー教育「TOMAS]は、その中で、次のように述べています。
------------------------------------------------
詰め込み型の受験勉強で合格をめざすことが、本当に
よいのでしょうか?

TOMASは、スポーツや習い事と勉強
を両立させることが、理想の教育だと考えています。

事実、毎年多くの生徒たちが、余裕の笑顔で難関校へ
合格しています。
------------------------------------------------
すばらしい。

ただ、リソー教育「TOMAS]のいう理想的な教育が本当に可能なのか?という疑問はあります。

たとえば、甲子園を目指す高校球児が習い事と両立しながら、甲子園を目指しているのだろうかという点です。

難関校といわれる学校は甲子園に出場するよりはまだ確立のある戦いですが、それにしても厳しい戦いで、天才を除けば、かなりの努力を要することは間違いありません。

なにかと両立しながら、余裕で合格できるはずはない。

リソー教育「TOMAS]に通っている子供は本当に余裕合格派なのか??

strong>リソー教育「TOMAS]が公表している合格実績で、いわゆる難関校といわれる

開成中 9名
麻布中 18名
武蔵中 8名
桜蔭中 8名
女子学院中 11名
雙葉中 6名
筑波大附駒場中 5名

これらに合格している子供たちは、本当に余裕の笑顔で合格したのでしょうか。

聞くところによれば、これら生徒の多くは、他塾との併用も多いと聞きます。つまり、SAPIXなり日能研なりの大手塾に通いながら、リソー教育「TOMAS]「にも」通ったそうです。

そういう意味でなら、両立派といえそうです。

100歩譲って、strong>リソー教育「TOMAS]の余裕合格派主義が可能であるとしても、strong>リソー教育「TOMAS]に通うのは、かなりの高額の費用がかかります。誰でいける金額ではありません。

となると、理想の教育は、やはり高額所得の人々の特権ともなりえます。

貧富の差があって、それが教育機会の差になるのは仕方ない面もあります。貧しくても、そこから公立・国立に進んでいく人々も少なからずいますから。

ただ「理想の教育」といわれるとつい反論したくなってしまう・・・今はそんな気持ちです。

strong>リソー教育「TOMAS]がやっていることがどうこうよりも、strong>リソー教育「TOMAS]が語っている指導方針に??というところです。

理想の教育を


一人ひとりの学力差を考慮せず、画一的なカリキュラムで知識を詰め込むこと。友だちや家族との時間を犠牲にして、勉強へと追い立てること。私たちTOMASは、そうした受験指導のあり方に疑問を投げかけます。そして、 質の高い個別指導で合格をめざす“余裕合格派主義”を掲げています。個性を大切に。 部活や習いごとも続けながら志望校へ。そんな余裕合格派主義なら、受験だけで燃え尽きてしまうことも、 未来の可能性をつぶしてしまうこともありません。文化・芸術・スポーツの多彩な分野で豊かな個性をはぐくみながら、 難関といわれる学校へも合格できるのです。


TOMASは進学実績を出せる個別指導塾として、毎年高い評価をいただいています。

posted by ネロ at 20:09 | トップの考え方

本当の「個別指導」をやったら上場した!

トーマス(TOMAS)は、すでに首都圏に53教室、生徒数13000人以上の東証一部上場の塾。小学生、中学生、高校生を対象に、補習塾ではない、進学塾であるとことあるごとに主張しています。

トーマス(TOMAS)の特徴は「余裕合格派主義」という教育方針を掲げ、生徒一人ひとりに対して独自のカリキュラム、全室黒板付きの個室にて生徒一人に先生一人の完全個別指導を実践していること。

「余裕合格派主義」とは、部活との両立を意味しているようです。また、個別のカリキュラムによって補習塾ではない面も合わせて強調しています。

これまで各社の個別指導は独自のオーダーメイドのカリキュラムと謳ってきていましたが、実はカリキュラムなどはなかったというのが本当のところです。

カリキュラムがなければ、進度の進捗もなく、進捗がなければ的確なテストも実施できない。よって合格が難しくなる。単純に言えば、このような流れを平然とやってきたのが個別指導です。

それをまともにやろう、まともにやったのがトーマス(TOMAS)だったわけです。オーダーメイドをまともにやれば、個室で1対1をやれば、そして企業として、利益を12%〜18%くらい出そうとしたら、やっぱり月謝は高くなった。こういうことです。

実際にそうやって運営したら、東証一部に上場してしまったわけですから、他社の個別も目を白黒させたことでしょう。

トーマス(TOMAS)の社長は、教室は90校くらいまでと言っています。それ以上は増やさないし、首都圏からは出て行かないと。理由は、目が行き届かなくなるからということのようです。

しかし、実際は首都圏以外に出て行っても、今の客単価年間80万円〜90万円は取れないとみているのではないでしょうか。関西圏、東海地区についてはまだ望みがあるかもしれませんが、地方では到底この金額は取れない。故に首都圏でと話している可能性は大です。

ただし、ハローe先生という冗談みたいな名前のe-ラーニングのシステムを開発し、法人営業から個人への転換も見せているようですから、わざわざ教室をリスクを犯して首都圏から進出していかなくても、e‐ラーニングでやっていくという下地があることも首都圏以外には出ないという発言につながっているのかもしれません。


世田谷区学習塾 世田谷区個別指導塾 堺市の学習塾 尼崎市個別指導塾
posted by ネロ at 23:08 | トップの考え方

リソー教育グループ

リソー教育グループには、個別指導のトーマス(TOMAS)以外に、いくつかのブランド名で教育分野に展開しています。代表的なものは以下にある4つ。よく同じ個別指導だが名前が違うという形ではなく、それぞれの別会社がそれぞれの分野を侵さないように棲み分けて展開しているのが特徴。

●伸芽会
有名幼稚園・小学校受験に特化した幼児教育を展開する会社。首都圏中心に20教室。

●名門会
首都圏に社会人プロ家庭教師のみを派遣する家庭教師派遣会社。平成17年から関西地区にも展開。

●日本エデュネット
インターネットを利用した同時双方向性TV電話個人指導システムでのテレビ家庭教師による指導を行う「ハローe先生」 。



●スクールツアーシップ
知識教育だけでなく、情操教育を合宿・体験を通して学習していくプログラムを企画・運営する会社。
 
狛江市学習塾 狛江市個別指導塾 宇治市の学習塾
posted by ネロ at 15:56 | リソー教育の会社概要

トーマス(TOMAS)の特徴

トーマス(TOMAS)の特徴

1980年前半には、個別指導ですでに明光義塾が先を走っていましたが、1990年、トーマスの前身の『東京マンツーマンスクール』は、「完全個室(全室黒板付)の1:1の個人教授システム」を導入しました。

トーマスが新しかったのは、
「個別指導とは勉強が極端にできない子が通う補習塾」
という概念を打ち破るべく設立されたこと。

個別指導のさきがけ明光義塾は進学塾としてではなく、補習塾という位置づけで数年で100教室のフランチャイズ展開をしました。これに対する対立軸としてのトーマスと考えればわかりやすいかもしれません。

トーマスは、当時のことを「個別指導に通うことは落ちこぼれであることを意味するので生徒が集まらない 」「従って事業として成り立たず利益が出ない 」と言っているわけですが、明光義塾の勢いを見れば、成り立たないどころか、すさまじい勢いで当時補習塾が開設されたのでした。そういう意味で、トーマスは「個別指導とは勉強が極端にできない子が通う補習塾」という概念を打ち破る、その新しさで世間に受け入れられたと考えてもいいでしょう。

トーマスの前身、東京マンツーマンスクールは、「個別指導」ではなく、「完全個別指導」という教育サービスを始めたのです。

また明光義塾との大きな違いとして、トーマス(旧・東京マンツーマンスクール)は、100%直営学習塾としてスタートしています。これも差別化を図る意味でトーマスにとっては大切だったのでしょう。結果的に、この直営&1対1の2つのキーポイントがのちに、個別指導としては異例の進学実績を謳える個別指導となり、平成10年12月には店頭公開し、平成13年3月には東京証券取引所第2部に上場し、そこから約1年の最短で東京証券取引所第1部に上場を果たしました(首都圏の学習塾業界では初)。

時代のニーズにピッタリ合った形で受け入れられたトーマス。完全個別指導で合格実績も出てきていますが、いわゆる集団授業の大手塾にはまだまだ実績は及びません。そこをどう克服しようとするのか。集団授業の大手塾の補完個別指導という選択も出てきている昨今、今後のトーマスも要注目です。

座間市学習塾 座間市個別指導塾 高松市の学習塾
posted by ネロ at 01:09 | リソー教育の会社概要

トーマスのリソー教育配当アップ

リソー教育は株主に対する利益還元を経営の重要課題の一つとして認識し、確固とした経営基盤の確立と業績に応じた継続的な配当を行うことを基本方針としている点を踏まえ、09年2月期通期の1株当たり年間配当予想を前回見通しから更に増額して、75円→85円へと引き上げると発表しました。

リソー教育は配当予想を引き上げるのは09年2月期の業績が「予想を大幅に上回りそうなため」と説明している。09年2月期は連結売上高が前期比7%増の165億円、純利益が2倍の8億3500万円と予想している。

 
朝霞市学習塾 朝霞市個別指導塾

posted by ネロ at 17:07 | 最新ニュース

東京V身売りへ 「新しい経営パートナーTOMAS」

 経営難にあえぐサッカーのJ2東京ヴェルディが、首都圏を中心に個別学習指導教室「TOMAS」を展開する株式会社リソー教育(本社・東京都豊島区)に経営権を譲渡する方針を固めたことが18日、明らかになった。東京Vはクラブ存続のため昨年から経営パートナー探しを続けていたが、ここにきて同社への株譲渡話が進行し、最終的な交渉を進めている。同社の保有株式は50%を超える見込みで、事実上のクラブ売却となる。

 前身の読売サッカークラブ誕生から今年で40周年。その記念すべき区切りの年に、数々の栄光とともに歩んできた名門が、大きな転換期を迎えることとなった。

 複数の東京V関係者が「新しい経営パートナーがTOMASに決まった」と交渉が最終段階を迎えていることを明言。経営のトップである萩原敏雄取締役会長兼社長(72)は会社名こそ出さなかったものの「あちらさんは(経営の)主導権を握りたいと言っている。日本テレビ(の保有株式)が0%になることは絶対にないが、必ずしも筆頭株主でなければならないわけではない」と事実上のクラブ売却を認めた。

 東京Vは場当たり的な補強を繰り返す乱脈経営のツケが回り、昨年途中から経営難に陥った。さらに年間20億円とも言われる強化費を肩代わりしてもらっていた親会社の日本テレビが、昨年9月の中間連結決算で12億円の赤字を計上。同社としては実に37年ぶりとなる赤字に転落したことで事態は悪化した。昨季17位に終わり、今季はJ2に降格することもあり経営を圧迫する高年俸選手を大量リストラ。一方で、新たな経営パートナー探しを続けてきた。

 当初は元日本代表MF中田英寿氏(31)やFW大黒将志(28)も契約するマネジメント会社「サニーサイドアップ」との業務提携を画策したが、すでに消滅。そこへ現れたのが、05年から昨年までの4年間ユニホームの袖に「TOMAS」の名を入れ、スポンサーとしてチームを支えてきたリソー教育だった。

 昨年から根強く交渉を進め、ここへきて話が一気に進行。個別指導に定評のある塾「TOMAS」はサッカースクールを開くなどサッカーへの造詣が深く、これまでスポンサードしてきた東京VやJ2横浜FCなどの試合で「TOMASデー」を実施して通常を大きく上回る観客を動員するなどJリーグへの貢献度も高い。日本の将来を担う子供たちの教育に携わっているという企業イメージも明るく、東京Vの未来を託すにはうってつけの存在だ。50%を超える株の譲渡額は推定5億円とみられ、現在は詰めの段階。早ければ今月中にもまとまる可能性が高い。

 また、クラブとしての新たな出発に合わせ経営、フロント陣も一新する見込みで、加藤善之テクニカル・ディレクター(44)は今月限りで退団。萩原社長やラモス瑠偉常務取締役(51)は今春の株主総会を経て退任する可能性が高い。その上で、元日本代表DFでありOBでもある三浦泰年氏(43=現解説者)がGMなど強化部門のトップに就任することも決定的。将来的には同氏の弟で、98年まで在籍したJ2横浜FCのFW三浦知良(41)の復帰も視野に入っている。

 日本テレビの保有株式は20%程度になると見られ、40年にわたった読売グループ傘下でのチーム運営は終えんを迎えることとなった。

 ◇TOMAS 株式会社リソー教育(本社・東京都豊島区)が首都圏を中心に59校を展開する個別進学指導塾。リソー教育は85年に日本教育公社として設立。01年3月に東証2部、02年6月に東証1部に上場。資本金6億8419万円(08年3月現在)。従業員214人。代表取締役社長は宮下秀一氏。

 ◇東京ヴェルディ 1969年、読売新聞社を親会社にプロを目指す日本初のクラブチーム、読売サッカークラブとして発足。ヴェルディ川崎と改称して臨んだJリーグ元年の93年には開幕カードに選ばれ、横浜Mに1―2で敗れる。99年から親会社が日本テレビに変更。愛称のヴェルディは緑を意味するポルトガル語「verde」からの造語。ホームは味の素スタジアム。Jリーグ優勝2回、ナビスコ杯優勝3回。天皇杯優勝5回。OBには与那城ジョージ、ラモス瑠偉、都並敏史、三浦知良、武田修宏、北沢豪ら日本代表多数。


1月19日7時1分配信 スポーツニッポン


草加市学習塾 草加市個別指導塾
posted by ネロ at 08:15 | 最新ニュース

リソー教育のトーマス、増収増益

個別指導学習塾トーマスのリソー教育の2009年2月期は、連結営業利益が19億円程度と前期推定比2割増える見通しだ。

教室の新設で生徒数が増加するほか、生徒当たりの授業実施回数が増え、顧客単価も上昇する。販促費の絞り込みなど経費削減も寄与する。

売上高は10%増の170億円前後になる見通し。個別指導教室「TOMAS(トーマス)」を首都圏で新たに4校開校し、生徒数は2―3%伸びる見込み。

映像を活用した授業などサービスを拡充し、生徒当たりの授業実施回数も増えそうだ。幼児向け受験指導を手掛ける子会社「伸芽会」は関西で教室を新設し、2割程度の増収が期待できそう。


古河市学習塾 古河市個別指導塾
posted by ネロ at 22:34 | 最新ニュース

リソー教育、今期営業益2割増

2008/4/15
個別指導学習塾のリソー教育の2009年2月期は、連結営業利益が19億円程度と前期推定比2割増える見通しだ。教室の新設で生徒数が増加するほか、生徒当たりの授業実施回数が増え、顧客単価も上昇する。販促費の絞り込みなど経費削減も寄与する。

売上高は10%増の170億円前後になる見通し。個別指導教室「TOMAS(トーマス)」を首都圏で新たに4校開校し、生徒数は2―3%伸びる見込み。映像を活用した授業などサービスを拡充し、生徒当たりの授業実施回数も増えそうだ。幼児向け受験指導を手掛ける子会社「伸芽会」は関西で教室を新設し、2割程度の増収が期待できそう。


仙台市学習塾 仙台市個別指導塾
posted by ネロ at 15:49 | 最新ニュース

リソー教育 今期連結業績予想を下方修正、配当予想も減額

株式新聞社 2007/10/12
 
リソー教育は、11日に今08年2月期連結業績予想を下方修正したことで嫌気売りが先行した。連結経常利益を8月中間期で13億2200万円から3億9100万円に、通期で30億円から22億100万円に大幅減額。同時に配当予想も第3四半期末で40円→25円、期末で45円→30円に減額しており、売りに拍車を掛けた。


奈良県磯城郡家庭教師
志木市家庭教師
京都市下京区家庭教師

 

上期経常益が60.9%減益の3.91億円に留まる

2007年10月19日
学習塾「トーマス」を展開するリソー教育は、上期経常益が60.9%減益の3.91億円に留まる見通し。

学習塾「トーマス」を展開するリソー教育は、08年2月期中間連結経常利益が前年同期比60.9%減益の3.91億円に留まったのに対して、従来以上に積極的な営業展開とコスト管理を図っていく計画であるとして、通期経常利益は前期比10.0%増益の22.01億円を確保するとの従来見通しを据え置いている。


東京都品川区家庭教師
東京都新宿区家庭教師
新城市家庭教師